研究室のテーマと当研究室を志望する諸君へ

現代世界における宗教性や霊性(教団宗教に依拠しない宗教意識=スピリチュアリティ)について研究しています。特にソーシャルキャピタル(信頼・規範・つながり)やいのちの教育等の文化的資源として、スピリチュアリティの可能性に注目しています。また最近は東日本大震災後の日本人の生き方(価値観・ライフスタイル・合意形成など)の変化や災害や貧困に寄り添う意識や実践の在り方に関心を持っています。

当研究室では次の3つの緩やかな方針のもとに運営されています。
(1)宗教社会学の基本を学びつつ、研究対象は宗教教団やいわゆる「スピ」に限定せず、幅広く現代人の意識や行動を扱います。
(2)フィールドワークはもちろん、理論研究や社会貢献・発信でも現場意識を重んじています。ここ数年、院生と行った現地研究は、①コミュニティカフェや宗教的資源(花まつり・盆踊り)を用いた地域活性化のアクションリサーチ、②多文化の街・新大久保の調査、③韓国人留学生と作る靖国神社ツアー、④新宗教の教祖・聖地研究、⑤「ドヤ街」と宗教などです。
(3)修論・博論については院生の自主性を重んじています。具体的な院生の研究動向については研究室メンバーのページをご覧ください。

ニュース

・2月21日に社会・人間科学コース説明会・大学院チャレンジ塾があります
 チャレンジ塾では大学院を目指す皆さんに本コースの教員が研究計画書の書き方や口頭発表のやり方についてアドバイスします。
 本コース、本学を志望しなくても参加できます。
・3月3日に出水市で日本いのちの教育学会第19回大会が開催されます。
・昨年夏のシンポジウムが巻頭収録された『現代の社会と宗教』が出版されました。(2018年1月19日)
・大本東京本部「七草粥」行事に参加しました。(2018年1月7日)
修士課程の入試日程が発表になりました。(2017年12月8日)
 試験は7・8月ですが、英語外部試験のスコア提出があり、スコアのない人は逆算して準備をしてください。
福島県下の中国人コミュニティの調査をしました。(2017年11月25-26日)
・研究室に新しいメンバーを迎えました。(2017年9月22日)
・路上生活者のストリートカウントに参加しました。(2017年8月4-5日)
・研究員(科研担当)として小林惇道氏を迎えました。(2017年5月1日)
社会・人間科学コース(詳細版)ウェブサイトができました。(2017年4月12日)
科研費が採択されました。(2017年4月1日)